2016年11月23日

ギランバレー症候群になった有名人、芸能人の方々~お水の重要性

ギランバレー症候群とは



運動神経に障害がおこり手足に力がはいらなくなる病気です。

年間10万人に1~2人が罹患し、指定難病となっています。

フランクリン・ルーズベルト(第32代アメリカ大統領)

因みに現大統領、バラク・オバマは第44代です。
トランプ氏は45代目になります。
世界史の大きな転換期に私たちはいるような気がしています。

ルーズベルトっていったらニューディール政策をしたひとって昔
学校で習いましたよね。

トランプ氏はどちらかというと当時のヨーロッパのような
ブロック経済的なんですかね?あんまり政治経済に
詳しくないのですが・・・

それとルーズベルトは第二次世界大戦への参戦で
世界恐慌から強力に景気を回復させた大統領として
アメリカ史上最高の大統領4選されました。

今でも人気のある大統領なんだそうです。

フランクリンの母はユグノー。
ユグノーってなんだったっけ?
16~17世紀のフランス改革派教会。
ルター、カルヴァンの影響をうけている。
うんわかったようなわからないような・・・・

第26代大統領のセオドア・ルーズベルトはフランクリンの
いとこで、セオドアの姪のアナ・エレノア・ルーズベルト
とフランクリンは結婚しています。

同族結婚を好むユダヤ人らしいですね。
ギランバレー症候群を発症し、最終的には脳卒中でなくなっています。

フリーメイソンだったことが公表されています。いかがわしいですね。
日本人の頭蓋骨は発達がおくれている発言や戦時中の日系人強制収容所、
日中戦争時の中国を支援、真珠湾攻撃陰謀説など、日本にとっては
最悪の大統領でしたね。

大原麗子さんもギランバレー症候群<



2009年に62歳の若さで亡くなった大原麗子さんもこの病気を
患っていました。孤独死したことで話題になりましたね。

彼女は六本木野獣会のメンバーだったそうです。
会員は比較的良家出身の方が多かったらしく、
正反対の野獣ということばを付けたのでしょうね。

六本木と言えば、日本の中で一番外国人犯罪が多い街なのだ
そうです。最近ではナイジェリア出身の黒人マフィアが台頭している
とのことです。
詳しくは黒人マフィア犯罪増加!ボス「ヤクザは怖くない」六本木の抗争
NewSee 今日、あなたはニュースに出会う様へ

水も経済マフィアに支配される日がくる?



地球の人口が増えすぎて近い将来の水不足、食糧不足が
懸念されています。

食料はアメリカの多国籍企業に、そして水はヨーロッパの
多国籍企業に支配されつつあります。

トランプ氏が大統領になることでTPPがいったん棚上げ
されそうな感じです。

水、農業、保健医療分野で多国籍企業がなだれ込んでくる
のは凄く危険だと感じていましたのでちょっぴり安心
しましたが、全く気が抜けません。

日本は島国で四季もあり自然も多く降水量もありますから
割と水に恵まれた国だと思います。

日本のウォーターサーバー事業が外資にのっとられる事なく
永続的に発展していって欲しいと願います。




posted by ウォーターガール at 10:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。