2017年07月15日

夏だから水分補給の重要性を確認して熱中症対策

熱中症対策.jpg

暑くなってきましたね。水分補給を水分摂取をしっかり
やっていらっしゃいますか?

正しいお水の知識を持って暑い夏をバテずに乗り切りましょう。

人体にとってのお水の重要性と体内水分含有量


体内水分含有量.jpg

絵でも分かりますように、体内水分含有量は胎児の頃は
ほぼ水であるのに対してお年寄りになると50%台に
なってしまいます。

お年よりは水分が足りていないのに喉の渇きを覚えないので
大変厄介です。私はお年寄りになったら今よりももっと
お水をたくさん飲んで美しいおばあちゃんにないたいと
思っています。

今が美しくないのにどうやって年齢を重ねて美しくなるんだ?
と思いますね。

でも周りにいらっしゃいませんか?若い頃さぞかし綺麗だったろうな
と思われる方の実際若いときの写真をみてそうでもないと感じたこと。

私はあります。そのかたの人生の送り方生き方によって魅力的な
人間になっていったことは想像に難くありません。

私もそのパターン狙いです(笑)

人間の脳の95%は水でできている!


脳と水分.jpg

はいどーぞ🍸って感じで水分だけに水色の脳みその画像を
探してまいりました。

脳は言うまでもなく体の中で最も重要な器官の一つですね。
水分含有量は73%、85%、95%と色々な説がありましたが
概ね成人では70%以上と考えてもいいでしょうか。

水が思考や記憶を含む捨てての脳機能のために脳に電気エネルギー
を送る役割をします。

脳細胞は体内の他の細胞より約2倍のエネルギーを必要とします。

私リエが子供の頃、珠算日本一とかの女の子が脳みそのために
毎日大量にチョコレートを摂取していてぶくぶくに太った状態で
テレビで珠算の腕前を披露していたのを思い出しました。

女磨きと称して内面がっかりさんを放置しつつ外見だけ磨くのも
内面や技能をがっつり磨いて外見を放置するのも問題だなぁと
子供心に感じたのを今でも記憶しています。

脳がエネルギーを大量に必要とするという話でした。

水は他のどの物質よりも効率よくエネルギーを供給します。
脳のホルモンや神経伝達物質の生産にも水は必要です。

神経伝達に脳は、脳が必要とする全てのエネルギーの約半分を
使うといいます。

水が脳に充分行き渡っていると私たちはより速く思考し、集中し、
クリエイティブな活動をすることができます👀

水分補給で注意欠陥障害を防ぐことのも役立つ



大人や子供の注意欠陥障害も軽度であれば水を適切に摂取することで
緩和されるケースもあるそうです。

身体の健康だけではなく脳のためにもお水は大切なのですね。

ですがADHDに関しては水で治そうというのではなく、
ADHDに有効なお薬やサプリメントなどもありますから
お医者さんにまずかかることが一番大切です。

それと同時に水療法も試してみるとよいかもしれません。

と、ここまで書いてきて、本題は熱中症対策なのですが、
なんと過去の記事でもう書いていました。

運動系部活動の水飲み禁止令はいったい何だったのか?熱中症を防ごう!

何という失態💧
これは私自身が水を飲み足りていないことから来ているのかも
しれません。

もっと積極的に水を飲まないといけませんね。
ぼけないためにも・・・。

脳はさておき体の健康のためには弱アルカリ性のお水がよいらしいです。

私のウォーターサーバーは弱アルカリ性のフレシャスです!

健康によく美味しい上にデザインも最高なので
ウォーターサーバー導入を検討されている方は是非!

posted by ウォーターガール at 10:00| Comment(0) | ウォーターサーバー比較 | 更新情報をチェックする