2017年07月14日

米国デンバー水道局が水不足解消にリサイクルドウォーター(再生水)の使用を2倍にしたい

コロラド川干上がり.jpg

コロラド川の深刻な干上がり問題と生態系の崩れ


コロラド川ってなんと2330キロメートルもあります。
日本は信濃川でたったの360キロくらい。

流石アメリカはスケールがでかいですね。
ちなみに世界一はナイル川の6695キロメートル。
想像できない長さです💦

コロラド川はアメリカからメキシコに流れています。
アメリカ国内だとコロラド州、ユタ州、アリゾナ州、
ネバダ州、カリフォルニア州なんかを通っています。

中学の時に習いましたね、グレートプレーンズ。
ネブラスカ州、コロラド州、カンザス州、テキサス州の
大草原の農民は世界の穀物の約6分の1を生産しています。

これらの作物を育てるのに多くの場合地下水を利用していて
大量にくみ上げてきた結果、川が乾いて多くの魚が死滅
しています。

コロラド川を源流として枝分かれする多くの小さな川にも
その影響がでていて1940年代からみると16種見られていた
魚が今では9種類と7種絶滅しています。

デンバー水道局が州に訴えていること



デンバー水道局は州にリサイクルドウォーター(再生水)の
使用目的を拡大する許可を求めています。

商業用施設のトイレや牛や豚を洗うための水、そして
マリファナのような植物への散水用としてです。

しかしコロラド州の保健局は今のところ安全面が担保されて
いないとしてこの要請を認めていません。

現在の飲料水基準を満たすために汚染物質を除去するのには
浄水処理でお金がたくさんかかります。

水をとことん再利用することで荒れ果てたコロラド川から
水をくみ上げる必要が少なくなると水道局は言っています。

デンバー水道局は再生水の量を現在の26億ガロンから
2020年までには少なくとも56億ガロンにしたいと
意気込んでいます。

マリファナの水やりに再生水を



コロラド州は2012年に娯楽用のマリファナ(大麻)の使用が
合法的に認められた最初の州です(ワシントン州も同時)。

再生水は飲料水基準を満たしていませんから植物栽培には
適していないように思われますが、コロラド水道局は
大麻の散水に再生水を!とアピールしています。

大麻といえば高樹沙耶さんが大麻所持で有罪になりましたね。
こんなこというのあれなんですけど、大麻や麻は調べるほど
人類にとっては有益なものでして、彼女の言っていることも
わからないわけでもないのですよね。

医療用大麻が合法化されると一番困るのは世界の製薬会社
なんですね。

横道それちゃったけど、煙を吸うためのマリファナの育成なら
不純物まじってる再生水でもいいのかしら?

水の国日本は水資源豊かな上にウォーターサーバーも色々あっていいですね


fujiwater.jpg

静岡県富士宮市の北部にある朝霧高原。そこで取れたお水を
私と私の家族は飲んでいます。

pH8.5の弱アルカリ性は痛風や尿道結石の予防にもなります。
お酒の席が多い働くお父様方にお勧めです💕

痛風にも効果ありウォーターサーバーフレシャス

子供の健康ばかりではなく、たまには夫の健康も気遣わないといけません💦

アメリカはコロラド州デンバーの再生水利用に関して
書きました。世界や日本のウォーターニュースにこれからも
注目していきたいと思います。

ウォーターサーバーと水と健康、美容のことをいつも考えている
リエがお伝え致しました。最後まで読んで頂き感謝感激雨あられと
書いてしまうと年齢がばれてしまいますね。

それではみなみな様、本日も最高の一日にしましょうね!
チャオ♪

posted by ウォーターガール at 10:51| Comment(0) | 世界と日本のウォーターニュース | 更新情報をチェックする